2014年04月27日

4/27 キトラ展!


「何の予定もないなら
行きたいところがある!」

という秘書に付き合って、

東京国立博物館の
キトラ展なるものに行ってきた。

キトラテン?

「奈良のキトラ古墳の
石室の壁画だよ!」

はぁ・・・

墓の絵を見て
何がおもしろいのか、
さっぱりわからないが、
(君にはわかるまい!By秘書)

しかたない、
一緒に行くことにしたのだが、

博物館に着いたら、
驚きの行列!!

「ただいま100分待ちです!」

のアナウンス!

は?

間違って 
TDLに来ちまったか??

なのに、

「100分待っても見てみたい!」

という秘書。

並んでまで墓の絵を見たいのは
秘書だけじゃないらしい。

IMG_4031.JPG

ということで、

IMG_4037.JPG
(1時間半でまだココ!By秘書)

100分どころか、
120分も待って
やっと館内に入れた俺たち。

こっからも
実物みるのに30分待ち!
(れいるん限界!By秘書)

でも、いよいよ、
歴史的価値のある貴重なものを
見れるのだ!

ワクワクドキドキ!

で、

ついに、俺たちも
墓の絵の実物を間近で見れる番に!!

が、

「混雑しております、
外にもたくさんの方が並んでいます。
立ち止まらずにご覧下さい!
立ち止まらずに、進んで下さい!」

って、
係のおばさんがすぐ後ろで
大きな声で言い続けている。

「おいおい、
立ち止まらずに、
こんな薄暗い中に置いてある
初見の壁画が見れるかいな!」

俺にとっては
ただの岩にしかみえない茶色い石に
何が書いてあるのか
秘書が説明しようとしてるのに、

「立ち止まらずに!
立ち止まらずに!」

って、

すぐ後ろで連呼!
(えーかげんにせぃ!By秘書)

結局、
歴史的価値の高いであろう、
キトラ古墳の壁画鑑賞、

係のおばさんの大声にせかされて
みんな後ろ髪を引かれるように
どんどん進まされて、

急流に流されたと思ったら
気付けば出口!

「詐欺だろ!コレ!
昔の恵比須講の
見世物小屋じゃないんだからさっ!」

秘書、ブチギレ!

別に俺は
どーでもいいんだけどね。

だから墓の絵なんて
写真とかテレビで見ればいいんだって!
と思うのだが、

期待度の高かった秘書は
あまりにも品格のないキトラ展に
ボーゼン・・・

「せっかくの
美しい壁画が台無し・・・」

ということで、

これからキトラ展に
行く予定のみなさん!

空いてる日を狙うか、
このおばさんがいないときを狙うか、
耳栓をするか、居直るか、

充分な対策を練って
お出かけ下さい!

IMG_4041.JPG



posted by れいるん at 21:59| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ありふれない一日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
似たようなことわたしもあった〜
レンブラント展子連れで見に行ったとき、子供がちょっと絵に近づいただけで『触るな』とか言われたり(触ってないのに)
色々うるさく言われて興ざめしたわ…

120分待って流されながら見るって芸術鑑賞でもなんでもないよね〜
でも、古墳の壁画か…ごめん、よくわからない(笑)
Posted by はるあまま at 2014年05月01日 23:30
はるあままさん、こんにちは!

流されながら見たから
アタシもよくわからなかったよ!
その前にレプリカが飾ってあって、
それは自由に見られるんだけど、
「なんか違うよな・・」と思ってしまった。

子どもにこそ、
いろんな絵や文化財を見せたいのにね!
Posted by れいるんの秘書 at 2014年05月02日 17:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
カテゴリ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。