2014年10月01日

10/1 珍味?!

多摩川のクルミは
おいしくいただいた!

で、

実はクルミの他にも
秋の水辺の楽校には
得体の知れない、
でも食えるという木の実が点在!

まずは、
柿の原種!

さくらんぼより一回り小さい、
でも、形といい色といい
柿の実である!
(ミニチュアじゃん!By秘書)

で、

大将の竹本さんが、

「れいるん、
コレ、一口食べてみろ!」

っていうから、
恐る恐るかじってみたら、

シブ〜っ!!!
だまされた〜っ!
(アタシもだまされた!By秘書)

みなさん!
柿の原種は渋柿です!!

品種改良を重ねに重ねて
今の甘い柿があるそうです。

で、
もうひとつ!

大きな木に
ちっちゃな実があちこちに!
でも、こりゃ、鳥が食う実だろ!
という見た目と色・・・。

大将の竹本さんが、

「れいるん、
コレ、一口食べてみろ!」

っていうから、
恐る恐るかじってみたら、

今度は甘いじゃないか!
でも、おいしくはないなぁ・・・

「コレはむくの実!
ムクドリが食べるんだよ!」
(ほんとうか?By秘書)

う・・・
ムクドリになった気分だぜ・・・
(アタシも食ったけど
干しぶどうみたいな味!By秘書)

コレは品種改良も
されていないそうです。

クルミ、むくのみ、柿のみ、
実りの秋ですね。

ということで、

多摩川の秋の珍味の話でした。


posted by れいるん at 16:34| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ありふれない一日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
カテゴリ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。